2012年02月07日

椎間板ヘルニア

久しぶりの症例報告です。今週あった例です。

クライアントは高校1年生、昨年の年末から腰が痛み出したそうです。
整形外科にて腰椎4/5間の後方のヘルニアと診断。
牽引による治療を受けていたのですが徐々に悪化。
今年に入ってからズキズキと疼きだして、立ってるのも
座ってるのも辛くなり、学校を休むまでに至って
当院への来院となりました。

上体の可動制限もきつく、右への可動は半分以下、
腕、首の可動制限も見受けられます。
主な主訴は腰椎に疼痛、左足の痺れ。
本人の表情も痛みで辛そうです。
同伴したお母さんは心配に説明を続けておられました。

座った姿勢が辛いので仰臥位にてオステオパシーの評価をします。
右足に捻挫の後の固着、
左側の仙腸関節に制限、
腰椎の4番の椎間板、
腰椎1.2.3.4の関節のロック、などでした。

続きを読む
posted by nakano at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 症例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする