2008年07月12日

最新テクニックセミナー受講

7月17日〜21日の五日間
セミナーに参加してきます。
予約待ちの皆様にはご迷惑をお掛けしますが
さらなる進化をしてまいりますのでご協力お願いします。

学ぶ内容は
骨内力線、関節離開、頭蓋の診断と治療についてで、
後頭骨・脊柱・骨盤軸、骨内力線、関節離開、頭蓋の診断と治療を
勉強してきます。ぴかぴか(新しい)
「これらの機能ユニットに対して、
オステオパシー・メカニカル・リンク技法に従い、
テンションテスト、抑制バランステスト(プライマリー病変の診断)、
第2段階のリコイルテクニックを順番に扱っていきます。
この新しくかつオリジナルなセミナーは日本で初めて行われるもので、
参加者は多くの骨・関節の疾患治療について、
重要なキーポイントを会得することが出来るでしょう。」ひらめきと高度な内容を学んできます。
しかも指導は本場のDOだそうです。るんるん

やはり自らを高めるには本物に接していかないといけません。
しっかりと会得できるように頑張ってきまーす。ダッシュ(走り出すさま)

posted by nakano at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102742146
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック