2009年09月18日

セミナー受講の意義

最近は毎月2〜3回はセミナー研修を受講しています。
今月は8日セミナーに参加です。

セミナーを受講するに当たり目標設定が必要です。

骨指標は正確に触診できてるのか?
自分が普段使っている手技の精度はいかほどか?
リリース感覚はこれで合っているのか?
自分は今いったいどれくらいに正確に情報を受け取っているのか?

要するにどれくらい正確にクライアントさんの状態を
鑑別診断できているのか?それが合っているのか?

これを知るにはセミナーに参加して評価してもらうのが一番の早道です。
ゴールはありません、ただ進むのみ。
今週も国際セミナーメカニカルリンク内臓を受講しに行ってきます。

講師:創始者 ポール・ショフールD.O., MRO(F)
以下はセミナー紹介文です。

このコースでは、腹部と胸部の各器官に対する検査・治療・臨床的考察を学びます。
生殖器も含みますが、外的アプローチによって診察するので、膣や直腸を直接触診することはありません。
また、妊娠中の患者に対しどのように治療するかも学びます。
コースのうち一日は、脊柱・骨内力線・頭蓋の復習と実習にあてられます。
(幾つかの新しい、非常に興味深い検査を含みます!)



以上が紹介です、楽しみにしております。

日本はかつて職人大国でした。
私も職人としての姿勢をぶれる事無く
更なる昇華を目指します。

先日にお電話にて相談がありましたので紹介します。
「あるセミナーに参加したのですが、、、、無駄に終わりました」
いま流行の低俗整体セミナーの被害者でした。

手口は「無料説明会」「無料セミナー」「本」などで集めて興味を持たせ、
後日2〜3日で数十万も受講料をとっているのが現状です。

基礎医学も生理学も全く頭にない指導者による
低俗なセミナーが日本中のあちらこちらで開催されています。
その指導者達は得てして口が達者で腕はさっぱりなのが共通してます。
はなから綺麗ごとを口にしたり、
精神論ばかり主張するのは、怪しいと見て間違いないでしょう。
共通してるのは
「お金の話が大好き」
「あなたも明日から出来る」
「夢をかなえましょう」
などの自己啓発セミナーに共通してる言葉が大好きです。

技術的にはその場で痛みを消すパフォーマンスを売りにしてます。
その場で痛みを消すのはさほど珍しくも凄いことでもありません。
初心者はそこに気付かず騙されることが多いようです。

低俗な理由は他にもあります。
他者に指導できうるほどの実践と経験、知識と知恵と技術
を持ち合わせていないからです。
ちょっとつっこんだ質問をすると他に話題をそらすか、
スルーするかです。

此処を見てくれている方は気をつけてください。
彼らはおだてて甘い言葉ですり寄る詐欺師とよく似ています。
被害者にならない様にご注意ください。

posted by nakano at 02:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Aです。
先日はご助言ありがとうございました。

今考え直せばおっしゃるとおりオカシイ表現が多かったと思いだしました。
帰りに電車で一緒になった方も「低レベルだ」と言ってました。
本とかHpですっかり舞い上がったようで冷静さを失ってたんです。
これからは気をつけてセミナーを選びます。
Posted by A at 2009年09月21日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128289368
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック