2011年02月23日

神経痛

今月の中旬にメカニカルリンク末梢神経の国際セミナー
講師ポール・ショフールDO
の5日間に参加しました。


講義はまず中枢神経、末梢神経、自律神経に分類。
神経の解剖と生理病理学
神経の構造
脊髄神経
神経病変タイプと進みました。

講義の中で、
動脈系を動かす交感神経系の神経。末梢神経と自律神経は互い
に影響する。
特に神経関係はオステオパシーで治療可能。
その原因は色々で神経病変の結果、起きるのは感覚神経の問題
で痛み、マヒ、運動神経に問題で感覚が無く、動かせない、
組織が溶ける萎縮などの症状。
神経が侵されると交感神経に影響し動脈、静脈に問題を起す。
などの詳しい説明がなされ神経系の概念について理解をする内容でした。

その他に神経系へのアクセス方法。
神経のテストと病変の見極め方で
脳神経を初め腕神経叢、腰神経叢、坐骨神経などの
様々な神経を学ぶことが出来ました。

今までどうしても取りきれない症状に対してもこの
神経が加わる事によって更にメカニカルリンクは精度が高まり
いり細かい細胞レベルまでのアクセスが可能になります。

臨床現場においても良い結果に確信を得ております。

まだ確定はしておりませんがメカニカルリンクは
次回から東京にての開催が予定されております。
ご興味のある方は是非受講してください。
あまりの触診の軽やかさと効果に驚かれることでしょう。

posted by nakano at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 症例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187446243
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック