2012年11月10日

内臓マニピュレーション・特別編

3日・4日と神戸で、JOPA主催の「内臓マニピュレーション・特別編」を受講してきました。
内容は、バラルD,OBarral Instituteの内臓テクニックが講義されました。

舌骨を使った傾聴
肺尖部提靭帯の検査及び治療
胸郭出口の拡張テクニック
心椎骨靭帯
心臓の位置の触診とインダクションテクニック
左三角間膜の重要性と効果的なリリース
肝臓の4つのエリア
(消化のゾーン、代謝・ホルモン・毒素のゾーン、感染・免疫のゾーン、トラウマ・メカニカルなゾーン)
胃の小弯のリリース
小網の重要性とリリース
膵臓の3つのエリアと粘弾性テクニック
仙尾関節
閉鎖孔
肺、子宮、膀胱、脾臓の自動力などアドバンスコース内臓に必要な事項
いずれも解剖・生理学的にも、合理的でなおかつソフトで安全なテクニックだと感じます。

筋・骨格系のバランスを調整した上で内臓を操作することで、素晴らしい効果を出すのです。
交通事故でのむち打ち症や外傷など、身体への衝撃で発症した急性症状や慢性の痛みに対し、
劇的な効果が出るものと期待できます。
提靭帯の数回のテストを用いて精度を高めた鑑別診断や
内・外閉鎖膜への的確で強力な施術などは、今までよりも高い効果を実感させてくれます。
また膵臓へのアプローチや胆嚢へのリリースの精度と的確性は今までの内臓マニピュレーションより
明らかに進化の度合いを見せつけてくれました。

施術現場での効果がより期待できるので楽しみです。
同時にもっと修練を重ねて自分のものとしていかねば。
posted by nakano at 13:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

筋筋膜リリース

最近はブログ更新をお休みして勉強に集中しておりました。

ひと段落したので再開します。
7月にアメリカのMike Kurisu D.Oの筋膜リリーステクニック(MFR)セミナーを受講しました。
Kurisu D.Oの略歴は以下に記します。
❖カリフォルニア大学サンディエゴ医学部:臨床インストラクター(2004年~現在) ❖TUCOMベーシック・クラニアルコース・テーブルトレーナー(2005年~現在) ❖トウロ大学オステオパシー医学部:非常勤准教授(2007年~現在) ❖ウエスタン大学オステオパシー医学部:非常勤准教授(2011年~現在)

非常に内容の濃い、また筋膜の重要性を再認識できるセミナーで大変勉強になりました。
A.T.Stillの言葉
“The soul of man with all its streams of
pure living water seems to dwell in the fascia of his body.”
"純粋な潤いを持つ人の魂はその体の中の筋膜に宿る"
A.T.スティルは筋膜について
「筋膜は病気の原因を探す場所であり、治療行動を始めるべき場である。私は治療ポイントとして筋膜に匹敵するほどの部位を他に知らない。」
と言葉を残しています。

筋・骨格系にどうしても目を奪われがちですが、それらに共通してすべてに影響するのが筋膜です。
セミナー内容から抜粋します。

Fasciaテクニックは最も重要なものの一つであると言える。
それは人体の中の一つ一つの部位或は構造物を囲んでいるから。
Fasciaを使う事で運動性を向上し機能を改善する事ができる。
形状、形を正しくすることが出来る。
従って構造を維持する、機能を取り戻すのに役立つ。
構造物と機能は相関するとDr.Stillは述べた。
Dr.Still はFasciaについて研究して書物にされた。
学生にはFasciaを学ぶようにと言われた。
彼の早期の書物にFasciaは我々の生命の活力にどの様に関連付けられているか、
或は関連するかについて記した。
学生が何かの問題に直面しそこから前に進めない状況にある場合
Fasciaに「ハンティングに行きなさい」なにがいったいまずいのか探し出しなさいと言われた。
同じ事を皆さんに述べたいと思う。
何か患者さんに対して上手くいかない何らかの問題があると、
問題にぶち当たった時、Fasciaにもどって勉強して下さい。
問題に対して答えが出てくるかもしれない。


posted by nakano at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

靭帯性関節ストレイン

最近勉強が忙しくて更新が滞っていました。
久々の内容は最近好んで用いている靭帯性関節ストレインを紹介します。

靭帯性関節ストレインとは
DrスティルとDrサザーランドの研究の恩恵と共に
スティルの原理を応用した頭部より下位の身体の様々な
部位を治療するより容易で使い易く効果的なテクニックです。
人体を単にその合計の部分としてではなく、
全体として考察する方法論を学びます。
その教えは1963年にロリン・ベッカーとジョン・ハラカルにより創設された
ダラス・オステオパシー協会に受け継がれ現在コンラッド・スピース会長
の元さらに進化を続けています。

治療の原理は
まず自由化。
機能障害部が動ける様になるまで関節や筋膜を圧迫か減圧します。
ついで誇張。
機能障害部を受傷した方向にもって行き、バランス点や静止点が見つかるまで動かす。
そしてバランス。
リリースが起こるまでバランス点や静止点に保持します。

以上を簡潔に述べたDrスティルの言葉に
「身体のどこが機能障害を起しているのかを見つけ、
     そしてそれをノーマルにもって行きなさい。」

上記の原理に基づいて施術が行われていきます。続きを読む
posted by nakano at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

オステオパシー小児科

長い間更新が出来なくてすいませんでした。
こまめにチェックしてた方にはお待たせいたしました。

11月にJOPA主催の国際セミナー
Philippe Druelle,DO 講師による
オステオパシー小児科の復習とまとめに時間を取られていました。
通常では新しい知識、知らない概念にワクワクしたり感心したり
といった感想なのですが、今回は感動のセミナーでした。

Druelle,DOの赤ちゃんへの接し方、身体障害のある子供
へのアプローチ、治療、解剖学的な注意点、発生学的な相違点
など非常に合理的にまとめられた内容で参加した先生方は
同様な感想をもたれた様子でした。

今までどの様な可能性があるのか?
受け入れる以外には他にないか?
などの疑問をお持ちの方も多々居られると思いますが、
その疑問や、可能性に対しての答えとなるセミナーでした。

てんかんを持つ子供、ダウン症児、自閉症、その他色んなケース
がありますが、赤ちゃん、子供は様々な可能性に満ちています。
もちろん大人に対しても同様です。
苦しんでいる状態の今よりも少しでも良くなる様になる可能性が
知識が伝統的なオステオパシーには秘められています。

Druelle,DOはセミナーの中でこの様に述べていました。
「とにかくトライトライトライ試す試す」

「逡巡して座して待つより前に進め」と言うことですね。
行動する者のみがその先を見れる、と私は感じました。


続きを読む
posted by nakano at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする