2013年08月10日

妊娠中の下肢のむくむ

20代の妊婦さんの例です。

妊娠8か月目で両足がむくむようになり、
あわせて腰痛と背中の痛みを感じるようになりました。
数件の治療院では妊婦さんへの施術を断られたそうです。

オステオパシーでは妊婦さんへの施術のためのセミナーがあります。
婦人科および妊婦さんへのアプローチを専門に学ぶ内容で構成されています。

当該の女性は赤ちゃんの頭部が下腹部を圧迫して腸骨動脈と静脈が押されている状態でした。
座位で脊柱を調整して、
横向きで背面から交感神経の興奮を鎮静化。

上向きになり母体と赤ちゃんの位置関係を調整して下腹部の圧迫感は消失しました。
次いで四つん這いとなり赤ちゃんのベストポジションへと調整して終了。

訴えていた症状はすべてクリアでき、お母さんは喜んで帰られました。

どこへ行けばよいかお悩みの方はお尋ねください。
ご予約は「ブログ見た」とお電話ください。
完全予約制ですので、待ち時間なくお一人お一人丁寧に施術いたします。
明石オステオパシー 中野整体院
http://nakano-seitaiin.com/
兵庫県明石市材木町13-22
Tel&FAX 078−914−7339
posted by nakano at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 症例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

ヘルニアが3か所

40台の男性です。
数年前にヘルニアを患い椎間板の一部切除の手術を受けたあと
症状は治まっていたそうです。
今年に入り急に腰痛がぶり返して、
病院での各種検査では腰椎2番と3番にヘルニアがみられる。
腰椎に位置がずれてる、椎間が狭くなっている、
など色々と病理学的症状が重なっている状態です。

来院時の症状や困っているのは腰の重く痛い感覚、
左足の大腿に広がる痛みとキンキンに硬い張り、
ひざ下から脛にキーンと来るような痛み、
と数種類の症状に悩まされております。

オステオパシー的には全体のバランスをチェックして
最も優位となる緊張部位、固着部位を探し出していきます。

今回のクライアントさんの場合は腰背部にある三角部の緊張が骨盤内膜に広がり、
仙骨後面にも数か所の圧痛、
腰椎の数か所に固着があり動きが失われてる、
内臓の緊張、
上記が非常に強く、腹膜や、胸腰筋膜に過度の緊張状態を与えてる様子です。

一番の緊張してる部位から施術を重ねていくと
一回目で足の痛みは半減、腰に関しても
寝返りの時に気にしてた痛みが感じない、
中腰の姿勢ができる
などの改善が見られました。
2回目も膜に集中して働きかける施術にて
痛みの減少や、動きの改善が顕著に現れました。

オステオパシーの4原則の一つ「身体は一つの単位である」
のままに全身を見ていくことで施術するべき答えが導き出されていくのです。


ご予約は「ブログ見た」とお電話ください。
完全予約制ですので、待ち時間なくお一人お一人丁寧に施術いたします。
明石オステオパシー 中野整体院
http://nakano-seitaiin.com/
兵庫県明石市材木町13-22
Tel&FAX 078−914−7339
posted by nakano at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 症例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

寝違い

寝違い、朝起きると突然の痛みに驚かされます。
私も年に数回はこの痛みに驚かされる事があります。

40台のAさん、以前に数回来院されています。
三日前から寝違いで2.3日すれば痛みが治まると思って様子を見ていたそうです。
ところが中々治まらなくて来院されました。
問診では右肩から首筋が張って、首をかしげると首から背中へ痛みが走ります。
またお風呂で頭を洗う時に結構痛くて難儀されてる様子を話してくださいました。

体を観察してみると確かに右肩が左に比べて明らかに緊張しています。
同時に首の横も右側が張っており、肩甲骨の内側にも張りが見られます。
そこで傾聴という体の緊張を読む技術を用いて体の中を読んでいくと、、、
ありました。肝臓に緊張の源が見つかったのです。
気になったので確認のために
私「痛くなる数日前に風邪をひきませんでしたか?」
Aさん「はい、風邪をひいてました、今は治まっていますが、何か関係がありますか?」

じつは関係の可能性大なんです、風邪をひくと肝臓には回復の過程で過度の負担がかかる事があるのです。
そこからある神経の経路を伝わって、肩と首に緊張が発症していたようです。
さっそく内臓マニピュレーションにて肝臓を施術、
続いて縦隔と胸膜を解放。
施術前と比べて痛みの強さや、痛みの出る角度を確認していただくと、
Aさん「あ!かなり減りました、動かすのが怖くない」と笑顔でお答えでした。
私「良かったですね」
今回の様な内臓性由来の痛みにも対応できるのがオステオパシーの素晴らしいところです。

オステオパシーによる施術では、体の連続性(繋がり)を重視して、
どこに本当の原因があるのかを探して施術を行います。
原因がみつかり制限を取り除けば、あとは身体にある自然治癒力が正常な状態へと導いてくれます

寝違いは首だけみても肩だけみても改善が難しい例が多々あります。
首の痛みでお悩みの方は是非一度オステオパシーの施術を受けられることをおススメします
なるべく早くお近くのオステオパシーをお尋ねください。

ご予約は「ブログ見た」とお電話ください。
完全予約制ですので、待ち時間なくお一人お一人丁寧に施術いたします。
明石オステオパシー 中野整体院
http://nakano-seitaiin.com/
兵庫県明石市材木町13-22
Tel&FAX 078−914−7339
posted by nakano at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 症例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

内臓マニピュレーション・特別編

3日・4日と神戸で、JOPA主催の「内臓マニピュレーション・特別編」を受講してきました。
内容は、バラルD,OBarral Instituteの内臓テクニックが講義されました。

舌骨を使った傾聴
肺尖部提靭帯の検査及び治療
胸郭出口の拡張テクニック
心椎骨靭帯
心臓の位置の触診とインダクションテクニック
左三角間膜の重要性と効果的なリリース
肝臓の4つのエリア
(消化のゾーン、代謝・ホルモン・毒素のゾーン、感染・免疫のゾーン、トラウマ・メカニカルなゾーン)
胃の小弯のリリース
小網の重要性とリリース
膵臓の3つのエリアと粘弾性テクニック
仙尾関節
閉鎖孔
肺、子宮、膀胱、脾臓の自動力などアドバンスコース内臓に必要な事項
いずれも解剖・生理学的にも、合理的でなおかつソフトで安全なテクニックだと感じます。

筋・骨格系のバランスを調整した上で内臓を操作することで、素晴らしい効果を出すのです。
交通事故でのむち打ち症や外傷など、身体への衝撃で発症した急性症状や慢性の痛みに対し、
劇的な効果が出るものと期待できます。
提靭帯の数回のテストを用いて精度を高めた鑑別診断や
内・外閉鎖膜への的確で強力な施術などは、今までよりも高い効果を実感させてくれます。
また膵臓へのアプローチや胆嚢へのリリースの精度と的確性は今までの内臓マニピュレーションより
明らかに進化の度合いを見せつけてくれました。

施術現場での効果がより期待できるので楽しみです。
同時にもっと修練を重ねて自分のものとしていかねば。
posted by nakano at 13:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

筋筋膜リリース

最近はブログ更新をお休みして勉強に集中しておりました。

ひと段落したので再開します。
7月にアメリカのMike Kurisu D.Oの筋膜リリーステクニック(MFR)セミナーを受講しました。
Kurisu D.Oの略歴は以下に記します。
❖カリフォルニア大学サンディエゴ医学部:臨床インストラクター(2004年~現在) ❖TUCOMベーシック・クラニアルコース・テーブルトレーナー(2005年~現在) ❖トウロ大学オステオパシー医学部:非常勤准教授(2007年~現在) ❖ウエスタン大学オステオパシー医学部:非常勤准教授(2011年~現在)

非常に内容の濃い、また筋膜の重要性を再認識できるセミナーで大変勉強になりました。
A.T.Stillの言葉
“The soul of man with all its streams of
pure living water seems to dwell in the fascia of his body.”
"純粋な潤いを持つ人の魂はその体の中の筋膜に宿る"
A.T.スティルは筋膜について
「筋膜は病気の原因を探す場所であり、治療行動を始めるべき場である。私は治療ポイントとして筋膜に匹敵するほどの部位を他に知らない。」
と言葉を残しています。

筋・骨格系にどうしても目を奪われがちですが、それらに共通してすべてに影響するのが筋膜です。
セミナー内容から抜粋します。

Fasciaテクニックは最も重要なものの一つであると言える。
それは人体の中の一つ一つの部位或は構造物を囲んでいるから。
Fasciaを使う事で運動性を向上し機能を改善する事ができる。
形状、形を正しくすることが出来る。
従って構造を維持する、機能を取り戻すのに役立つ。
構造物と機能は相関するとDr.Stillは述べた。
Dr.Still はFasciaについて研究して書物にされた。
学生にはFasciaを学ぶようにと言われた。
彼の早期の書物にFasciaは我々の生命の活力にどの様に関連付けられているか、
或は関連するかについて記した。
学生が何かの問題に直面しそこから前に進めない状況にある場合
Fasciaに「ハンティングに行きなさい」なにがいったいまずいのか探し出しなさいと言われた。
同じ事を皆さんに述べたいと思う。
何か患者さんに対して上手くいかない何らかの問題があると、
問題にぶち当たった時、Fasciaにもどって勉強して下さい。
問題に対して答えが出てくるかもしれない。


posted by nakano at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする