2010年12月22日

オステオパシー小児科

長い間更新が出来なくてすいませんでした。
こまめにチェックしてた方にはお待たせいたしました。

11月にJOPA主催の国際セミナー
Philippe Druelle,DO 講師による
オステオパシー小児科の復習とまとめに時間を取られていました。
通常では新しい知識、知らない概念にワクワクしたり感心したり
といった感想なのですが、今回は感動のセミナーでした。

Druelle,DOの赤ちゃんへの接し方、身体障害のある子供
へのアプローチ、治療、解剖学的な注意点、発生学的な相違点
など非常に合理的にまとめられた内容で参加した先生方は
同様な感想をもたれた様子でした。

今までどの様な可能性があるのか?
受け入れる以外には他にないか?
などの疑問をお持ちの方も多々居られると思いますが、
その疑問や、可能性に対しての答えとなるセミナーでした。

てんかんを持つ子供、ダウン症児、自閉症、その他色んなケース
がありますが、赤ちゃん、子供は様々な可能性に満ちています。
もちろん大人に対しても同様です。
苦しんでいる状態の今よりも少しでも良くなる様になる可能性が
知識が伝統的なオステオパシーには秘められています。

Druelle,DOはセミナーの中でこの様に述べていました。
「とにかくトライトライトライ試す試す」

「逡巡して座して待つより前に進め」と言うことですね。
行動する者のみがその先を見れる、と私は感じました。


続きを読む
posted by nakano at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

てんかん(癲癇)の発作

久々に症例を報告します。
自分にとっては新しい分野の症例です。

メカニカルリンク動脈と自律神経のセミナーを受講して
まとめも終わり、自然な流れでテストできるように慣れたころでした。
30代の女性で全身のだるさ、首痛、肩こりが主訴で来院されました。
既に数回の施術を受けた女性は「実は癲癇の発作を月に2回くらい起す」
との相談を受けました。

既に自律神経をまとめていましたので、手技は理解している状況でした。
講師のエリックDoは「癲癇の発作に有効です」
とセミナーで説明が有りましたので私は
「では今までアプローチしていない構造に対して施術します」
とメカニカルリンクの概要を説明しながらリンクを施しました。
手順はリンクの流れにのって、
脊柱、胸郭、四肢、骨内力線、頭蓋、内臓
そして新しいユニットである動脈と自律神経系です。
幾つかの優位病変をみつけて抑制バランス。
そしてリコイル。

続きを読む
posted by nakano at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 症例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

メカニカルリンクセミナーの中で

先日あったメカニカルリンク国際セミナーの中で
エリック・プラットDoが重要なことを説明していただきました。
皆さんにシェアしたいと思います。

以下は要約した文です。

リコイルそのものは何も成さない、魔法ではない。
特殊な効果があるわけではない。病変ブロックをリリースすることが出来る。
第一病変がリコイルで治る。患者にはプラスの効果が出る。
リコイルが原因ではなく、リリースによって病変が治る結果。
スティルの言う「原因を治療せよ」に通じる。
「こおいう効果があるからこのテクニックを使いなさい」とはスティルは一切言っていない。
「このテクニックをやると効果がある」とはオステオパシーではない。
治療のレシピを言う人は要注意。オステオパシーのコンセプトではない。
原因を探すのがオステオパシーである。コンセプトの為に使うのがテクニックである。
大切なのは、、、
続きを読む
posted by nakano at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 症例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

オステオパシーと他の手技との違い

メカニカルリンク動脈と迷走神経セミナーにおいて判りやすいお話
がエリックプラットDoよりありましたので紹介します。


既存のカイロ、整体、各種手技、は全体において自律神経を重視
してます。勿論オステオパシーにおいても同様であります。

これまでの整体手技は自律神経に効果が出るテクニックをやって
きてます。
つまり
「あるテクニックをやると交感神経とか副交感神経に効果が出る」
ということをやってきています。

オステオパシー的に見るとそれは効果を出そうとしているに過ぎ
ず、原因へのアプローチではないのです。

例えるとある温泉に入る。そうすると血管が緩んで副交感神経が
働きリラックスして快適になる。ところがそれでは原因への施術にはなっていないのです。つまり直接関係する構造に施術しないと原因への治療にはならないのです。
温泉での効果は結果に過ぎず、直接自律神経を回復したことにはならない。
対処療法的な発想であり結果です。


鑑別診断の如何によらず原因を見つけ、原因が回復する
テクニックを施す。
これがオステオパシーの基本原則であり、
他の手技との大きな違いです。


ちなみにオステオパシーでは直接、自律神経系にアプローチできるテクニックはあります。
posted by nakano at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 症例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

動脈と迷走神経系

今週からメカニカル・リンク・セミナー
「動脈と迷走神経系」
の国際セミナーが行なわれます。

以下にJOPAからの紹介文です。
講師はEric Prat, DO 仏オステオパシー正会員

動脈は生命維持に不可欠な存在であり、驚くべき重要機能を持つ基本構造である。
細胞に栄養供給するといった役割は一般的にも知られているが、自律神経系に情報伝達し、
四肢及び脊椎・内臓系に生体機能をもたらすといった重要な役割は、
過小評価され見過ごされがちである。
まさに、動脈は自律神経を伴い、体液・メカニカル・神経のリンクを以て全身を同時に繋ぎ
ひとつのものにしている。
今回のセミナーでは、動脈と迷走神経系を診断・治療するための
完全マニュアル・アプローチを紹介します。
オステオパシー療法の新しい視点を提供し、受講生の皆さんにはA.T.Stillの概念である
「究極は動脈の支配である」を実務に取り入れて頂けるよう講義します。



既存の日本産の整体にはない大切な概念が講義されます。
日本では「筋肉しか診ない」「骨しか診ない」
といったスタイルが殆どです。
そのため、人体の他の部分からの問題、
膜組織、内臓、循環器系、呼吸器系等に原因があると
臨床上現実の問題に対応できない、
つまりクライアントの訴える症状に手も足も出ないといった状況に陥ります。


オステオパシーでは「人体を一つのユニット」と定義されています。
全てが対象になります。
更なる進化と深化をしてまいります。
posted by nakano at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする